トリミングは必要?

ダブルコートとシングルコート

シングルコートのワンちゃんは毛が抜けにくく、伸びたらトリミングに行かないとぼさぼさになってしまいます。毛が抜けにくいので、アレルギーを持つ方にも比較的飼いやすいと言われています。代表的な犬種としては、トイプードルやシーズー、ヨークシャーテリアなどです。

ダブルコートのワンちゃんは、換毛期になると抜け毛がすごいです。オーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)のうち、アンダーコートが抜けます。まめにブラッシングをしてあげ、皮膚病などにかからないようにします。ダブルですので、冬に強いワンコたちです。キャバリアや柴犬、ポメラニアン、チワワなどいます。

キャバリアは長毛ですので、抜け毛が絡んだりすると、なかなか大変です。毎日ブラッシングをしてあげていれば、何も問題はありません。絡んでしまった場合は、スリッカーやコームを使って毛玉を取り除きます。

飾り毛

キャバリアは1歳ぐらいから飾り毛が生え始めます。飾り毛は少しずつしか伸びないので、3歳ぐらいでやっとちょっと立派になってきたかな?という感じです。

なかなかかっこいいのですが、長毛ですので夏は暑そうです。本来はトリミングなど必要のない犬種ですが、肉球あたりの毛や、全体的な毛を整えてあげると、きれいです。

食事をするときや散歩のときなど、耳の飾り毛が長いですので、床や地面を引きずってしまいます。スヌードをかぶせたり、短くトリミングされている飼い主さんもいます。

トリミングしよう

トリミングが必要ないとはいえ、やはり爪や耳、お尻など、カットしてもらったほうがかわいいです。肉球の間の毛が伸びていると床で滑りやすいですし、爪も途中まで神経が通っているので、間違って切ってしまうと大変です。爪切、耳掃除、肛門絞りなどトリマーさんにお願いしたほうがいいです。

カットしてそろえてもらうと可愛いですよ。